情報セキュリティ基本方針

当社は、事業活動を正常かつ円滑に行う上で、情報を適正に取り扱い、その保護を図ることが重要な社会的責務であると考え、この責務を果たすために、経営トップを最高責任者とする推進体制のもと、全社一丸となって、以下の情報セキュリティの確保に向けた取組みを行います。

1.

情報セキュリティに関する法令、その他社会的規範及び当社の情報セキュリティ管理規程その他規定類を遵守する。

2.

情報や情報システムの取扱いに関する規程類を整備するとともに、従業員への定期的かつ継続的な教育を行うなど、従業員による不正行為や設備の誤用等を防止する。

3.

取引先へ本方針を周知のうえ、機密保持に関する契約を締結するなど、取引先と連携し、情報漏えい等を防止する。

4.

建物への入退管理やネットワークへの不正アクセス防止等の安全管理対策を的確に実施し、情報の漏えい、盗難、誤用、悪用を防止する。。

5.

情報資産の破壊等を想定した対策を行い、事前のリスク管理を行う。

6.

情報セキュリティに関する取組を定期的に検証し、改善を図る。

7.

経営トップは、重大な情報漏えい事故等の事態が発生した場合は、自ら問題解決にあたり、原因究明のうえ、早急な是正措置を講じ、再発防止を図るとともに、迅速かつ正確な情報公開を行う。

このページのトップへ